現代アート表現形態「スーパーリアリズム」

「スーパーリアリズム」とは?

 写真を用いて対象を徹底して写実的に描きとる絵画動向。
「ハイパーリアリズム」「フォトリアリズム」「ニューリアリズム」「シャープ・フォーカス」などとも言う。
1960年代以降アメリカを中心として興った美術動向。

 現実を虚構として醒めた目で見つめるポップアートや、没個性主義を深めたミニマリズムなど同時代の動向と理念を共有しているとも言われる。 主要な作家にロバート・ベクトル(1932-アメリカ)、チャック・クロース(1940-アメリカ)、リチャード・エステス(1936-アメリカ)などがいる。

「スーパーリアリズム」絵画買取事情

  日本国内ではなかなか出回ってないのが、現状ですがリチャード・エステスなど名の知られた作家は海外アート市場では取り引きされているのが現状。
「絵画買取」を行なっている業者さんでも、中には「絵画買取」に対象になりますが、海外に比べると評価の低い査定額を出す業者さんもおります。

なお、日本国内で白日会の画家を中心に、洋画で物の存在感をリアルに描きだす「写実絵画」がありますが、この「スーパーリアリズム」とは一線を画す美術動向です。